安全運転テクニック

安全運転テクニック〜一般道路編〜

街を運転していてヒヤっとしたことはありますか?無いと言う人はどこかがおかしいです。もう一度、車の運転の危険性について考えてみるべきです。

いつも運転していて頭に来るというか、降りちゃうよ!なんて思ってしまう事がしばしばあります。よくタクシーなんかがいきなり路肩に止まったり、酔っ払いのように車線をまたいでフラフラしているのを毎日というか常にみかけます。あれは、何なんでしょうか?やられたほうはかなり怖いですよね。

きっと道路を自分のものだと思ってしまっているのでしょう。そういった危険行為をしない為にウインカーはかなり重要だということに皆さん気づくと思います。きちんと出していますか?教習所で習った時ほど皆さん出していないと思います。実際に私もキッチリとは出していません。しかし、教習所で習った運転が今出来ますか?教習所の運転を理解していて、いつでも出来るように心がけるべきだと思います。ウィンカーごときでも、大切な事なんです。自転車に乗っている時でも、いきなり左折されても困ってしまいますよね。ウィンカーは対車だけでなく歩行者、自転車の方々も見て判断しているのです。
パトカーが走っている時なども堂々と運転できますか?多くの人は冷や冷やしながら運転している事と思います。正々堂々運転できるようになりましょう。免許を持って居るのだから・・・

 

安全運転テクニック〜高速道路編〜

高速道路に入る時に、怖いと思ったドライバーは多いと思います。何故怖いのか?走行している車との速度差が怖いと思わせているのです。高速道路の最高速度は100kmと言われていますが、実際は120〜140kmくらいです。逆に80kmなどで走っていると危険なのが実状なんです。なので、思い切って加速して進入しましょう。ただし、加速して渋滞していたなんて、時は逆に危険です。その判断は慣れが必要なのかもしれませんが、車によりますが60kmくらいで進入していけば、止まる事も加速する事もできると思います。一般の車では0−100kmの加速にかかる時間は10秒前後です。ポルシェなんかは3秒で達成してしまいますが。良いですねポルシェって。いつかは乗りたいです。

話はそれましたが、逆に走行中に進入してくる車がいた場合、あなたはどうしますか?走行車線をそのまま、走るか追い越し車線に退避するか。進入してくる車がいた場合は、後ろの状況を確認して追い越し車線に退避するのが、安全でしょう。もし、飛ばしてくる人が居たら、減速せざるを得ません。しかし、加速して進入前する前に先に行くことも考えられます。時には加速することも大切で安全な事も忘れないでください。

レーンチェンジ

車線変更をする時には何に注意しますか?後ろからの車に注意をしますか?

よく危険だなと思うことは3車線以上の道で左右それぞれの外側から真中の車線に変更してきてぶつかったら怖いな?という事です。安全に運転できるコツは、自分を中心とした上空からの映像がイメージできることだと考えています。もちろんイメージだけではなくミラー、目視などで確認を取ってください。運転が楽になるはずです。

高速道路で大迷惑

高速道路で「ど〜なぁてるの?」と感じる事は、何故追い越し車線をずっと走ってるの?という事です。で、なぜか左車線が空いていて・・・

例え200kmで走行していたとしても、左車線を走るべきです。後ろから250kmの車が抜いていくかもしれません。そんな速度を出すヤツは居ないから!と思いました?信号無視をしてくる人は確実に居ないと考えているのですか?

そのうち、暴走族などに突っ込みますよ?世の中には何がいるかわからないと思ったほうが懸命です。ドライバーは良い人も居れば、悪人も居るのですから。

とにかく、私も追い越し車線をタラタラ走っている人が邪魔で仕方がないと考えています。走行車線に誰も居ないのに追い越し車線を走っている人は何なんでしょ?きっと邪魔をしたいかアメリカンなんでしょうね。

ハッキリ言って、最低です。冬の関越なんかもアメリカを走っている気分になれます。わけがわかりませんね。
何が言いたいかというと、キープレフトを守ってくれ!です。

キープレフトの例外は、街中の道などです。路肩には色んな原付や自転車、障害物、歩行者などが居ます。彼らはいつ転んで車道に飛んでくるかなんて想像がつかないですよね?車からみた障害物が見えたら、出来る限り、減速し右車線を走るべきです。

天候と積雪・凍結

一般道路でも、高速道路を走行していても、同じシチュエーションはあり得ませんよね?障害物のある場所も違いますし、天気だって違います。

晴れている日もあれば、雨の日もあります。寒い日なんて雪も降っちゃいますよね。晴れている日は良いとして、雨の日は滑ります。滑ると言ってもどのように滑るか?速度と雨の量によります。降り始めは滑りやすいとはよく言われますが、何故でしょう?それは、少量の水分が路面に付着した油分やゴミを浮かび上がらせるからです。ってことは、路面とタイヤの間に入りこんで、車体が浮き気味になるからです。気をつけましょうね。

後は、大雨の時、トラックなどの水しぶきが前面ガラスに当たって視界不良になることがあります。土砂降りの時によくあるのですが、土砂降り時は視界不良以外にも、スリップなどがあり危険です。土砂降り時はゆっくり走行しましょう。

また、視界不良の時は昼間でもライトを点灯し、後続車に知らせてあげましょう。後ろから追突される可能性もあります。

次に冬季の運転についてです。雪道はスタッドレスタイヤを装着し、急の付く運転をしなければ、安全に運転できます。ただし加速することは出来ても止まれないと思ってください。特に4駆の方は注意してください。

次に雪だけではなく凍結している場合です。凍結している場合は、車は操作できないと思って運転してください。ハンドルを切っても曲がらない、ブレーキを踏んでも止まれないが通常なのです。過信は絶対に危険です。

是非、一度実践していただきたいのは安全な広場などで、急ブレーキを試したりハンドルを切ったり、急発進を試すことです。事前に車両がどういう動きをするのか把握しておくことはとても、大切なことです。もちろん乾いた路面で試すことも良いのですが、簡単には滑らない為、逆に危険が伴ってきます。

また、通常走行中も、アクセル&ブレーキにより凍結しているのか、ただの積雪なのかを常に確認しながら運転してください。

余裕があるのであれば、逆に滑らそうとするくらいの心構えがあったほうが滑った時の驚きも少ないと思います。怖いのはイキナリ予想外の所で滑るからなんです。

かと言って、むやみに滑らすのは危険ですが・・・くれぐれも安全運転で快適ドライブをお楽しみください。

※あくまでも個人的な意見です。「私はこうやって安全運転をしています」というのがありましたら、管理人までメールをお送りください。

エンジンの声
はじめに
負荷
エンジンは生き物

快適な運転
同乗者の為に
エアコン
オーディオ
 

安全運転テクニック

一般道路
高速道路走行
レーンチェンジ
高速道路で大迷惑

天候


クルマ長持ち元気の秘訣
エンジンに優しい運転
最低限の安全点検
簡単な洗車
オイルの違い
タイヤの違い

ドライブを楽しくするカー用品
はじめに・・・
室内編
車外編