SPORTS  

はじめに・・・

ここでは、スポーツ走行について考えてることをヅラヅラと書いていきます。

車自体の走行性能も高いに越した事がないのですが、車の性能以外に意外と重要だと思う事があります。

自動車のインターフェース、つまり人間との接点というと、何を思い浮かべますか?「ハンドル」と答えた方、「アクセル」と答えた方、色々いらっしゃると思います。全部正解ですね^^
あまり、気にする人も多くないと思うのですが、シートも実はかなり重要なインターフェースだと思います。
以前乗っていたレビンでシートを交換してから実は重要で効果があると感じたのですが、私にはシート変えただけでも「車が変わった」と思える程でした。

どう変わったか。
・路面の状況が把握しやすくなる。
・体のホールド性が上がる。
・すわり心地が良い。
・腰が痛くならない。
などなど沢山あります。
デメリットとしては、金額が高い事くらいでしょうか。

レビン時代どのシートにするか、あまり悩む事なくスムーズにシートが決まりました。
購入から数ヶ月前にお店でサンプルに座る事があったのですが、その時体に一番フィットして違和感がなかったのがRECARO社製のSR-3という製品でした。その時に決意(笑)していたので・・・

それ以来、次からはRECAROシート標準の車しか購入しない!なんて思って探していたのですが、実はけっこうあります。
国産ですと、INTEGRA,LANCER EVOLUTION, GEMINIなどスポーツな車両に標準でついている事が多いようです。

もちろん、我がS3にも純正でRECAROが装着されています。
RECAROというと、レーシーなシートしか製造していないイメージが強いのです
が、きちんとラグジュアリーなシートもあるんですよ。
AUDI S8(AUDIの最強フラッグシップカー)にも標準で装着されていますし、フル電動、本皮のシートも普通にあります。

レース向けというだけでなく、人間工学に基づいた設計をしているそうで、ドイツ車には、スポーツカーに限らず実は純正がRECAROだったというのが多いようです。

すっかりRECARO信者になってしまっていますが、本当にお勧めできます。

Driving〜

さて、スポーツドライビングについてお話して行きましょう。お話出来るほど
知識はないのですが、これを機会に色々討論して、より良い情報・知識になる
ことを提供できればと考えております。

TUNING〜

チューニング。なんかかっこ悪い響きですね。笑
「チューニングカー」は日本語にすると恐らく「改造車」となってしまうと思うのですが、改造車と聞いてあまり良いイメージを抱けないですよね。
某サイトで珍走族という言葉が広められておりますが、それと同等のイメージを持たれてしまう事と思います。(ノ-_-)ノ

そうではなく純粋に「自動車を運転して速度を競う」「安全に楽しくドライブしたい」為のチューニング(改造)として掲載していきます。詳しくは自動車レースの歴史なども参照してください。

 さて、チューニング目的は人それぞれでどれが一番良いとは言い難いものがあります。エンジンパワーを上げたい。エンジンの特性を自分好みにしたい。コーナリングスピードを上げたい。乗り心地を良くしたい。など色々あると思います。早く走る車にする事だけがチューニングではなく、より安全に走る車にする事も立派なチューニングです。
 大抵の人は前者で、MorePower!って感じだと思いますが・・・^^;
 しかし、むやみに交換したり改造する事が趣味になってる人も多いように思
います。きっと金銭的余裕のある人なのでしょう。
 チューン前にしっかり構想を練って目的をハッキリさせないと、訳のわからない車になって、ただの「部品交換したよ!満足チューン!?」となってしまいます。それだけでなく、メーカが設計している事に反したデチューンにもなりかねません。
最後の前書き!?今の車の状態で満足行くコントロールできますか?車の性能に付いて行けますか?YESの人は迷わずイジッて更なる効果が期待できるでしょう。

さて・・・
・とにかく車を速くしたい人は、専門ショップに行ってガンガンいじるべし。
・大切に末永く乗りたい人は、ノーマルでいじるべからず。
・末永く乗りたいけど、気になる部分がある場合は、純正プラスαでいくべし。

基本はきっとこんな感じでしょう。ようするに目的や考えがないとどうしようもないと無駄ばかりと言う事ですね。
そして「自動車はトータルバランスが肝心である」と言う事も忘れないようにしたいですね。

今までチューニングの心構え的な話になってしまいましたが本題に入りましょう。大きく分けて車は足回り、エンジン、シャシーの3つから構成されています。
チューンの順的に シャシー → 足回り → エンジン としていくのが望ましいで
すが、現実そんな順番を守っている人は極々少数でしょう。

大抵の人が足回りからチューンしていく事と思います。そんなわけで足回り編から行きましょう。


  

  足回り編

  シャシー編

  エンジン編

  

現在思案中

※あくまでも個人的な意見です。「私はこうやって安全運転をしています」というのがありましたら、管理人までメールをお送りください。

MOTOR SPORTS
 はじめに
 Driving〜
 HISTORY

TUNING
 足回り編
 
シャシー編
 
エンジン編

SPOT
 
工事中

HISTORY
 
工事中