DETAIL IMPRESSION

 

25.ギアオイル交換
ちょっと前から全開走行後にあるタイミングで唸り音(極消音)が聞こえる時があって、何となくギアかな?と思っておりました。で、都合がついたので気休め程度にギアオイルを交換してみました。

で、いきなり感想ですが、素晴らしい。ギアオイルはS3に限らず前のクルマの時も、純正オイル派で、今ま
では9割以上、純正オイルで交換していました。
でも今回は直前に作業以来をディーラにした為、在庫がないとのこと。
でSABに行って品定めをしていて、色々あって迷いましたが、ギアも好みのBPにしてみました。
でも種類も色々あるし硬さも色々あるし。。。
で、ちょっとチャレンジしてリアデフを若干硬めにしてみようと、しばらく悩みましたがメーカの規定値通りで75w-90の粘土にしました。^^;

(関係ないですが、”で”が続いたので全行頭に"で"を付けてみました。謎)

純正オイルでも、交換すればフィーリングアップしていて満足だったのですが、何というかクルマが変わったという大げさな表現をしたい位良くなりました。ありえませんが、回転が全くあってないのにショックなくギアが入るんじゃないの?的な。(意味不明ですね)

ギアオイルごときに、総合計17000円も払うつもりはありませんでしたが、何でも良い物は良いですね。
運が良いのかわかりませんが、ちょっと気になってた唸り音も完全に消えました。

余談ですが、エンジンオイル交換も先日行なったのですが、BP GAMMAがなかった為、初めてREDLINEのオイルを入れてみました。評判通りのオイルで、とっても素晴らしい感じを受けております。

 

24.車検を終えて〜
本日4月3日無事に車検も終え、手元に戻ってきました。
トラブルも大きな故障もなく、無事に3年が経とうとしています。
今まで感じた感想は・・・

・重いけど安定性はピカイチ
・過激ではないけど、安心して走れる
・ちょっとパワー的に物足りない!?
・室内外の質感はとても高い
・クルマの方向性がハッキリしている
・とっても丈夫
・運転していて感動する
・何かしたくても社外パーツがない

ってな感じでしょうか。

車検費用も購入当初に予測していた額よりかなり安くすみました。距離的にもギリギリ保証が効きましたので、予防交換も無償で行われました。
3年の間、別に直さなくても良い?と思える些細な故障はいくつかありましたが、総合評価で故障率は低いクルマと言えると思います。
 当初輸入車ということで、ビクビクしている部分も正直ありましたが、今の所十分満足しています。但し保証も残り数日で切れますが、そこからが少し怖いかな?と考えています。
とりあえず大事に至る前に、今まで以上に愛情を注いでお付き合いしていきたいと考えています。
買換えようという気持ちが全く起きないのは、本当に望んでいたクルマだったのかな?と一人で納得している今日この頃です。^^;
AUDIからマニュアルが消えていき、現在ではAT?もしくはDSGしかないような状態になってしまいました。
 次期S3のうわさは海外のサイトでも私としては見つかっていませんが、もし出るとしたらAUDI JAPANには、是非マニュアル車で輸入して頂きたいと心から願っている次第です。

とりあえずS3君今まで守ってくれてありがとう!そしてこれからも末永く宜しくね!という気持ちで 一杯です^^
さぁ今年もドライブに行くぞぉ〜!

 

23.REVOソフトインストール
ESPのトラブル以降、完全復帰したのか?という不信感で悩まされ続けた加速不足の原因は、数値診断、試乗テストの結果、クルマの異常でなかったようです。慣れとESPトラブルの印象が残った事で遅い感じを受けていたのかな?

さて、NEUSPEED→ノーマルに戻し一週間近く乗っておりましたが、車両には異常ない事が分かりました。で我慢できずに予想通り!?REVOチューンを施しました。REVO施工後は潜在能力をガッチリ引き出せた感じです。

但し以前別のCHIPにしていた事が原因なのか、一発でセットアップ出来ず何度か横浜に足を運び作業戴きました。
1ラウンド NEUSPEED状態にインストールしようとしたが、当然ながらダメでした。
2ラウンド REVOセットアップの通常手順である「OBD2コネクタからセットアップ」をチャレンジしましたが、途中でエラーになり受付けてくれず、第3ラウンドに持ち越しになりました。
3ラウンド ECU本体のコネクタを外し、PCからECUに直接アクセスする手順で作業を行いました。

2ラウンドの手順でダメな場合、セットアップすればイケるかも!?というRevoTechnik本社からの指示で3ラウンドをチャレンジする事になりました。
それでもダメなら「REVO本社にECUを送ればどうにかなる」という話で、ECUを外して海外まで送るのはリスクが大きいと思い、本国送りは諦めようと考えておりました。が無事に、第4ラウンドまで行かずに第3ラウンドで無事にセットアップ完了しました。ヽ(´∀`)ノ

セットアップが完了した時の嬉しさ、試走までの半信半疑な不安、試走した時の完動は忘れられない思い出となりそうです。大げさだけど、コレホント。笑

セットアップできた今となっては苦労でも何でもありませんが、都内から何度か足を運び作業を終えるまでの毎夜、夢に出てきそうな勢いでした。(w
Second WindAUTO BRAINのスタッフ方には大変お世話になりました。

燃費の大幅な改善が見られました。あらゆる環境下で違いがハッキリとわかります。大変よくできたMAPだと関心しっぱなしです。いやぁ〜良かった良かった。

平成15年12月

街中〜高速を押さえ気味で交通の流れに沿って数値的な燃費を見てみました。ナント9.8kmでした。ヽ(´∀`)ノ
以前は結構回して平均6.8km/最悪5km/伸びて8km位でしたので、燃費もかなり改善されたことになります。
エンジンチューンを最適化すると燃費が向上するのが普通ですが、ここまでハッキリ変化するとは思えませんでした。
実は調子がイマイチ!?と感じてから「鈍足号!さっさと走れ!」的な感じでカリカリして運転していたのですが、いつでも加速できるゆとりがでてのんびり楽しく運転できるようになりました。REVOにしてからホントに良いことだらけです。

それと最大のメリットはREVOソフトのインストール後に「範囲内で各設定値を変更/ノーマルに戻す」が10秒程度で出来る事でしょう。

今後各社からこういった変更できるタイプのECUがリリースされる予定とも聞いております。が、REVOは設定変更することなしに大満足できること間違いありません。回し者ではありませんが、興味が沸いたらSecond WindさんへGo!

平成16年1月上旬

という事で、SPS3が国内入荷して翌日には手元に届きました。早い対応で感謝感謝です。
ノーマルに戻したり、セッティングを変更したりで一通り楽しんで、現在ストックに戻してます。
スタッドレスなので、これで十分と言う感じです。
アンチセフトの機能も恐る恐る試してみました。盗難が当たり前のようにある地域(そんな所嫌ですが)では役に立つのではないでしょうか。。。汗;しかしRevoって面白いなぁ〜。最強セッティングの場合、代償がありそうだけど。
危ういセッティングなしに(低いブースト値でも)十分に速く、以前のECUよりフィーリングも良いので、改めてお勧め!

         平成16年1月18日

 

22.エンジントルクブッシュ
エンジンマウントのブッシュを強化しました。効果は大きくエンジンレスポンスがかなり良くなった感じです。
アクセルの量でクルマの進み具合がよりリニアに変化するようになったという表現が正確ですね。^^;
と言うわけでエンジンレスポンスが上がったのと同等な効果を得ることができました。
大変お手軽な金額ですし弊害もそんなにありません。かなりお勧めです!

但し、よく言われている不快な振動が増えるというのは、確かにあります。これは許容できるか否か個人差はあると思いますが、私としては全然許容範囲でした。
極低回転時にクラッチ操作によって室内に振動がくるというのと、高速走行でアクセルをオフした時の反動が微妙に増えたというレベルです。慣れによって消えると思いますし、知らなければ気づかない程度の振動だと思います。

 

ちょっとブレーク?ECUについて
忘れてしまうので整理してみました。(数値は目安)
完全ノーマル仕様  安定圧は0.7〜0.85/状況(ギア)により異なり、オーバーシュート1.05
ノーマルECU+HBDV+社外エアクリ 安定圧は0.8〜0.9/状況(ギア)により異なり、オーバーシュート1.1
JSP-CHIP+HBDV+社外エアクリ 安定圧は0.9〜1.1/状況(ギア)により異なり、オーバーシュート1.4
REVO(ローブースト:7)+HBDV+社外エアクリ 安定圧は1.2〜1.4/状況(ギア)により異なり、オーバーシュート1.55
5 REVO(ローブースト:9)+HBDV+社外エアクリ 安定圧は1.3〜1.5/状況(ギア)により異なり、オーバーシュート1.7
6 REVO(ローブースト:6)+HBDV+社外エアクリ 安定圧は1.2〜1.4/状況(ギア)により異なり、オーバーシュート1.45

※学習した後は安定圧≒最大に近くなるようです。
さすがにJSP-CHIPとノーマルでは全くフィーリングが異なります。
更にREVOは癖などもなく、全域スムース&パワフルになり激変します。

過去にセットした各チューナのECUのインプレッションは下記の通りです。
1.NEUSPEEDはオイル管理など純正程度でメンテナンスフリーの範疇でMAP変更?
2.REVOは定期的にオイル管理など自分で行う人向けに、より最適化したMAPに変更?_

 

21.DV アジャスタブル UPGRADE
6のDVをアップグレードしました。
以前から安定ブーストが低めになってしまうというトラブル(なのか勘違いなのか、慣れなのか?)でDVのスプリングプリロードを変更できる蓋?に交換しました。

インプレッションとしてハッキリ言えないのですが「圧が逃げづらくなったかな?=安定してくれる?」と言う気がしています。まぁとにかく気になっていたパーツでしたので少し安心?と言った感じです。その後改めてメンテナンスをしましたが、バッチリになりました。真っ黒状態でした。汗;

その後、数ヶ月経ちましたが、ホースクランプ部の緩みによる?圧の抜けが発生。数千キロ走りましたが
ある日、突然1.0以上かからなくなりました。原因特定が困難でしたが、結局の所、上記箇所の増し締めで完治しました。

 

20.VAG-COMを使ってみて・・・
以前手に入れたVAG-COMの出番がやってきました。
登録をしないと全機能が使えないしオートスキャン(自動診断)も使えない、という感じで使用目的が見つからず登録する気が進まずしばらく温存していたのですが、燃調の学習値も何故か登録しないと見れなかったので、2003/12/9深夜に登録が完了しました。

慣れない海外サイトのオーダーでドキドキしてましたが、結果無事登録が終わりました。
知らずに旧バージョンで登録したら、色々問題がありました。汗;
親切なメールで無事に登録完了しました。リンダさんありがと〜ヽ(´∀`)ノ

と言うわけで確実な範囲で設定をいじったり、設定値をチェックしてます。
詳しくはVAG-COMについてをご覧ください。

 

19.タイヤ交換
16のタイヤ交換と同じですが、6000km少し走った後にトラブルでフロントのみ交換せざる終えなくなりましたので、少し走ったタイヤと同じ銘柄で新品との違いを改めて書きます。

まず新品にした後の第一の感想ですが、ロードノイズが明らかに新品時の方が低いと言うことです。当たり前!?
グリップについては数千キロですので、さほど変化はないでしょう。(あったら怖いですが・・・)
と言うわけでまた慣らしが必要です。

 

18.アマチュア無線機のインストール&アンテナ基台の製作
ちょっとクルマネタとは離れますが、実はオタク代表?のアマチュア無線の資格を持っておりました。
以前のレビンには車載機を取り付けていたのですが、S3に乗り換えた時にはすでに熱も冷めて存在を
すっかり忘れておりました。ひょんな事から思い出して最近復活しました。
当初はハンディ機をクルマに入れておき、使うときに出せば良いと思ったのですが、あまりにも小さく
操作がかなり困難な事に気づきました。汗;
で、新たにクルマ用のモービル機と言われるものを入手して取付をしました。
無線機を使うには最低、電源/マイク/アンテナの3つのケーブルを引き回さないとダメで、更にアンテナが
クルマの外観をイッキにかっこ悪くしてくれる為、かなり悩みました。(社外に出した方が受け飛びが良い)

そこで、純正アンテナの基台を利用して改造して付ける事にしましたが、結構自信作です。
思わず溶接機までGETして取り付けてしまいました。爆
(純正アンテナねじ5mm 無線用基台4mmを取り付けるボルト&ナットを溶接)

アンテナについては外観も少しケーブルが出ているのが唯一の難点ですが、室内のディスプレイもAUDIらしく
赤色照明に改造したので、かなり純正クオリティに近づけることができました。ヽ(´∀`)ノ

肝心の電波の飛び/受けは好調でした。

 

17.ETC車載機取付
なんと、助成金制度が終わった直後に取付を決意したので・・・(ノ-_-)ノ という感じです。苦笑
また取付後ETCゲートを通った事がない為、インプレッションはありません。汗;
本体取付に関するインプレですが、比較的薄型コンパクトな為、特に邪魔にはなりません。
場所はメーカオプションの位置を参考にしました。
接続も、常時電源/ACC/アースの3本+アンテナですので簡単です。

 

16.タイヤ交換/ホイール交換
購入時から考えていた純正ホイールをスタッドレス専用にして、夏は別のホイールという作戦を二年越しで
実施しました。タイヤを無駄にしたくなかったので・・・純正時の夏タイヤはスッキリ使い切りました。笑

PIRELLIのP ZERO NEROという新しいP ZEROシリーズのタイヤにしました。ホイールは散々悩んだ末に、
半分何でも良いや状態になってましたが、リリースされてからまぁまぁ良いかな?と思っていたABT SP0に
しました。8.5Jというリム幅も純正と比べても大袈裟に太くなく副作用も少ないと考えています。

ドレスアップ面ではまずまずのツライチ具合になりました。これ以上目指してもよいですが、支障がありそう
ですので満足しています。笑気になる方は、写真をご覧ください。

グリップ面では、PILOT SPORTSに若干劣る位との話でした。最初は安価なP7000にしようと考えていたの
ですが、在庫もありで即決しました。笑

純正225/45→225/40に変更でしたが、少し乗った感じでは思ったよりゴツゴツ感もなくて良い感じです。
また騒音もPILOT SPORTSに比べて断然静かです。まぁタイヤは劣化と共にうるさくなりますが・・・苦笑

慣らしもまだ終えていないので、再度アップしたいと思います。

(続き)
そんなにカリカリな走りはしていませんが、それなりな運転をすれば結構曲がりますし良いタイヤだと思います。
またインチアップによる弊害も特になく、スポーツ系?タイヤにしては静粛性が高く気に入っております。

 

15.ミッションオイル交換

2年目の点検ついでに、ディーラ純正ミッションオイルに交換してもらいました。

ミッションオイルは純正派?なのですが、フィーリングはオッケーな感じです^^
今まで冷間時にギアが入り辛いという時があったのですが、すんなりひっかかりも無く
入るようになりました。

 

14.プラグ交換

DENSO IRIDIUM TOUGH という製品に交換しました。若干焼け気味でしたので冷えサイドのVK22
に交換しました。一般に言われるように、キッチリ燃焼できるようになった為か、トルクアップ/燃費
アップが期待できます。アーシングの効果に似たイメージです。

交換手順

1.エンジンカバーを外す
2.エンジン上部の補記類を外す。(5mmの六角レンチ使用)
3.プラグイグナイタを少しだけ抜く
4.イグナイタに挿入されたコネクタを抜く
5.イグナイタを抜く
6.プラグレンチにてプラグを緩めるプラグの向きがわかるよう工具にマーキングをお勧めします。
7.プラグを引き抜く。
8.新しいプラグを挿入し手で回す。
9.手で回らなくなったら、1/2〜3/4回転させ純正と同じ向き、あるいはインマニ側に向ける。
10.補記類も含めて元に戻す。
11.エンジン始動。

 

13.FOGバーナー交換

ヘッドライトと同様にドレスアップの効果しかありませんが、ヘッドライトとFOGの色調が揃ったの
で良い感じです。

 

12.アーシング施工
トルクアップ/オーディオ関連などに効果はバッチリあります。詳しくはアーシング施工のページを参照
ください。

 

11.HeadLightバーナー交換

PHILIPSのULTINON FLASH 6000Kに交換しました。照射光が蒼白色になりました。
ドレスアップ程度の効果しかありません。

 

10.スタッドレス交換
MICHELINのDRICEに交換しました。もちろん一流のスタッドレスなので、スタッドレスとしての性能
は満足しています。高速でのインプレッションは後日書きたいと思います。

 

9.FOGランプHID化
これは、HIDをご存知の人であれば、効果はお判りだと思います。
ヘッドライトは純正でHIDなのですが、どうせならFOGもHID化したいな、という欲望から施工しました。
汎用のキットではなく、純正バルク品を入手し自作加工しました。
効果は明らかで(笑)ナイター照明のような感じです。慣れは怖いもので明るさには慣れてしまいました。
細かい工作は、FOGランプHID化のページを参照ください。バーナー比較も合わせてご覧ください。

 

8.NUTEC添加剤

エアコンコンプレッサーの負荷を軽減するというもの。
冗談半分でやってみたのですが、意外と効果あります。コンプレッサーの負荷が減ったことによると思う
のですが、エンジンの振動が明らかに減る/レスポンスアップしました。加速時も若干軽やかになりました。

 

7.エアクリーナ交換

純正交換タイプのエアクリーナに交換したのですが、やはり純正交換でも違いはあります。
アクセルオン時のもたつき感が軽減しブーストの立ち上がりが向上しました。

 

6.DV交換

交換して違いがあったのは、ブーストがスパっとかかるようになった事くらいでしょうか。ブースト計
でのMAX値は下がったように見えますが、体感は全く変わりありません。
ただTTな方に純正DVの不具合を起されている方が居ますので、交換してMTBF値を稼ぐには良いかも
しれません。

 

5.P.I.E protocol converter 

S3納車後、直ぐにMDチェンジャを取り付けました。純正の2DINオーディオはCD/カセット/ラジオ
の設定しかなく、どうしてもMDは必要でしたので・・・
S3は純正オプションのCDチェンジャに対応する為、ケーブルがトランク内まで来ています。
そのケーブルを利用しない手はない!と思い変換ケーブルを製作してテストしたのですが、ウマく動作
しない・・・
その道のプロの方々に聞いたのですが、どうやら制御プロトコルが違う為、配線変換だけでは動作しな
いとの事。。。ショックでした。仕方なくFMモジュレータを使用して接続していたのですが、ヘッド
ユニットで操作できないし、いちいちラジオにしなければいけないし、S/N比は所詮ラジオだしで、
かなり我慢して使用していました。購入当時のようにヘッドユニットを交換する事も考えたのですが、
折角の車内イメージを壊してしまうし。
途方にくれていた時にACJ MLで明るいニュースを拝見。なんと純正ヘッドユニットで市販のチェンジャ
を接続できるコンバータがアメリカで販売されているとの事。
早速メーカサイトを覗いてもS3はアメリカでリリースされていない為に当然書いていない。しかし別の
PanasonicOEM品で動作しているようだ。
直接メールで問い合わせをしましたが、日本国内の実績はないがアジアでの実績はある。との回答でした。
各国の仕様の違いで動作しないのかな?とも考えたのですが、最終的にはチャレンジしちゃいました。
結果はバッチリ動作しました。改造して赤イルミにしていたFMモジュレータともおさらばです。
(ちょっと寂しかった・・・笑)
ヘッドユニットがMDチェンジャを認識した時は、苦労の分とても嬉しかった。

 

4.JSP-CHIP

純正のオーバーなマージンを取った燃調から、より最適化された燃調マップ/点火タイミング、と若干の
ブーストアップでフィーリングが変わりました。違いが顕著に現れるのは、高速での走行時です。

 

3.ブースト計購入

CHIPチューン前に純正の値を知りたかった為、購入しました。
純正のオーバーシュート値は1.1位です。

 

2.スピーカ交換
納車当初はディーラでNAVI付オーディオで納車予定だったのですが、内装のイメージが崩れるのが嫌
で最後まで悩んでいたのと、納車が早まった為そのままでした。ちなみに納車時と現在ではナンバーが
違います(笑)
現在もヘッドユニットは純正を使用しています。PanasonicのOEMなのですが、まずまず満足できる
音質ではないでしょうか。

オーディオは本気でやってしまうと、キリがないのでスピーカだけを交換しています。またスピーカも
ピンキリでボード製作するまでの意欲はなかった為純正交換品を探してRainbowのスピーカを使用して
います。ハッキリ言って、純正とはケタ違いの音になりました。国産向けのリプレースモノと違い高額
ですが、満足できると思います。

予断ですが、歴代の!?Audi純正オーディオには裏コマンドがあります。細かいイコライジングが出来
ますので、純正のクセをある程度修正できます。かなり効果あります。

 

1.ウィンドウ撥水加工
これは、前車の途中からやっているのですが、かなりお勧めです。メンテナンスフリーで一年以上
撥水が維持できます。従来の(最近のは知りません)量販店で販売されている撥水材に比べて、流れ
が格段に違いますし、持ちが全く違います。
施工場所は晴海のオートウェーブです。コースが二つありますが、効果に大きな違いを感じないので、
低価格コースでも良いかもしれません。

いずれも大物ではないですが、純正の良い性能を引き出しているのかな?といった感じです。
また撥水などは運転が快適にもなりますので、お勧めです。