ENGINE TORQUE ROD BUSH

 以前から気になっていたパーツで、石川エンジニアリングに行った際に交換して戴きました。
30分足らずで作業終了でした。さすがです。

 交換後、まずエンジン始動で違いがありました。始動が早くなったというか余計な動きが抑制されたと言う感じです。
 アクセルの動きにとてもリニアに反応するようになりました。シフトアップ時にきちんと回転が合っていれば、ビシッと加速していきます。まるでエンジンレスポンスが上がったかのような印象です。

 気になる振動について。普段から助手席に座っている人でも恐らく気づかないのでは?と思います。
またクラッチワークによって、振動を出さない運転もできますので、私的には副作用はありません。

 それと車体全体の剛性が更に上がった感じを受けます。推測ではありますがエンジンが余計に揺れて(振動して)いたのが固定されたお陰で、車体がガッチリした感じになった?と感じております。ボディ内で動いていた余計な物がなくなったという処でしょうか。

アクセル操作がメチャ楽しくなる&運転が楽しくなります。

 

S3のセクシーな下回りの写真です。笑

写真は右側がフロント、左側がリアになります。

写真に中央のバーの左側に赤いブッシュが見えますが、この赤いブッシュが交換したものです。隠れてしまっていますが、合計2つ交換しています。

 

フロント側から写真を撮りました。ついでに下回りを眺めていたのですが、不明な部品について、細かく教えていただきました。



余談で、写真にも写っていませんが・・・
マフラー部分で今まで疑問がありました。
というのも今までみつけたS3用社外マフラーは全て切断が必要とコメントされていたので、躊躇していました。

NEUSPEEDのマフラーは、切断することなくポン付で交換できるそうです。
購入を検討しようかしら!?爆

 

価格も、工賃も一般に言われるブッシュ交換の工賃よりも安価で、とても効果が大きいです。
VW/AUDIの1.8l系エンジン、BORAのV6エンジンで共通なようです。
エンジンがブランコのように吊り下げされていて、このエンジントルクブッシュで回転を抑制する構造な
そうです。