アマチュア無線機のインストール&アンテナ基台の製作

今回は一般的ではありませんが、アマチュア無線機をS3に取付しましたのでレポートします。
実は私はアマチュア無線の免許を持ってました。しかも免許上はモールスも送受信できるようになってしまいました。(チョ〜おたく!?)しかしクラブでDJなど健全な趣味?も持ってるので大丈夫でしょう。謎爆
アマチュア無線をやっていない人には意味不明な用語、メーカ名など出てきます。但し電装品の取付やナビの取付などのお役に立てる可能性もありますので、お暇でしたらご覧ください。

設置コンセプトは純正デザインを損なう事がない/言わなければ誰も気づかないレベルで取付したい!といつものポリシーでいきました。

暇な時にどうすれば目立たないようにアンテナを取付できるか、どこにつければケーブルの取り回しが簡単なのか、結構悩みました。簡単に設置する事は、トラブルシューティング上優位になります。現段階でも改良点はあると思いますが、思いついて施工した場合はアップしたいと思います。


当初、S3に無線機を付けるつもりは全くなかった(無線なんて忘却されてた)のですが、携帯がつながらない範囲で移動することが多かった(相手も免許持)事、地元の友人が免許を取った、会社の後輩が実は無線マニアだった!?と言う訳で「付けても良いかなぁ〜」と考え始めていました。ある時、秋葉原の無線ショップに立ち寄った処、REVEXというメーカからハンディ機用の、吸盤で取り付ける小さなSMAコネクタの簡易アンテナ基台が置いてありました。とりあえずはリアクォータガラスにでも張り付けて使おうかと思って購入しました。が、使ってみると予想通り受信感度は悪く、飛びもかなり悲惨でした。(電波の送受信上、アンテナ高い所で周りに障害物がない状態が一番良い。)

無線機は再開を記念して入手したハンディ機(VX-5)を車内で使おうと思っていたのですが、車内で使うには操作性劇悪/表示は見辛い!でクルマで使えるものじゃない事が改めて判明!(最近のハンディは激烈に小さい)
という理由と諸般の事情によりモービル機を一台購入しました。

色々候補はあったのですが、本体部分を座席の下などに設置してディスプレイユニットはセパレートケーブルで別の場所に設置して使いたいという希望でとりあえずIC-207を購入しました。
(現在はFT-90H)

無線機を取付ようとした所、本体が大きすぎて座席下に入らない/ケーブル引き回しが面倒(保守性が悪い)セパレートケーブルを通すのも面倒!という事で、一瞬取付を諦めました。が、試しにハンドル下の小物入れに差し込んでみたら・・・みごとにスッポリ収まりました。

と言うことでセパレートケーブルも使わずに設置できる/電源が近い/マイクも近く設置=保守が容易と言うことで小物入れの場所に決定しました。

ついでにIcom社製のIC-207という無線機はディスプレイがオレンジなのですが、改造してS3と同じ赤照明に改造しました。

次にアンテナ!これは外に付ける為、相当悩みました。もちろん専用の台も市販されているのですが、無線のアンテナなんか似合わないし付けた瞬間メッチャカッコ悪くなる為、一番悩みました。

窓に張付けて簡易的に設置しようと思ったのですが、よくよく考えたら純正でツノが生えてる事を思い出しました。車体側は無改造で部品を改造/製作して取付をすれば、純正の場所に設置できるのではないかと考えた訳です。

具体的に車体側のネジは5mm、前述のREVEX基台は4mmなので、5mmボルトに4mmナットを溶接して製作しました。

で、製作した部品は純正オプションのアングルスペーサーに入れて隠してしまい、そこに無線用基台を付けて完成です。
コネクタはSMAなので、大変スマートです。

と文章では簡単ですが、生まれて初めて溶接をした事を始め、現実化するまでかなり試行錯誤の連続で苦労しました。


無線的な悩みですがアンテナの耐入力が低い為、全て解決していないのが問題です。
SMAコネクタのアンテナで耐入力60w位のものは無いのでしょうか?最低20wでも構いませんが・・・

お暇でしたらついでにアマチュア無線のページもご覧ください。

 

その後の変更点・・・

・アンテナについてはSMAコネクタで耐入力20wの物を見つけたので変更しました。

・IC-207を上記のように設置すると放熱性が悪くETCユニットも熱くなる為、より小さいFT-90
 に変更しました。小物入れには設置せず、別の場所に本体を設置。

・FT-90で何故か430の出力が出なくなった為、FT-90Hに買換ました。
 壊れたFT-90は保証で無償修理できたのでバイバイしました。笑