愛があればエンジンの声が聞こえる
さよならAE101 Welcome AUDI
エンジンの声

私は以前の車で21万キロ乗りました。それは、スゴイという人も居ますがそれほど、困難ではないと思います。走る場所と使い方にもよると思いますが、私はいつでも大人しく運転していたわけでもありませんでした。

そもそも、クルマを大人しく運転して長持ちするかどうか?についても私はそう思いません。実際に「エンジンは高回転まで回してあげたほうが、エンジンにとっては良い」という話も聞きます。しかし、高回転までエンジンを回してあげるのは良いと思いますが、その回し方によると思います。

ガツンといきなりアクセルを全開にして良いのか?というとそれは×だと思います。月曜の朝の寝起きにイキナリ全開で走って出勤(登校)しろ!なんて言われても嫌ですよね。(意味が違う!?)

エンジンも少しずつ回転を上げてあげるのが理想なのです。しかし都内などのストップアンドゴーが激しいところでは、なかなか難しいですが。

マニュアルのギアの車では「ひっぱる」なんて表現をしますが、加速段階ではひっぱり安定速度になったら巡航用ギアに変えるというのが、エンジンにも良く、燃費も良くなります。

負荷

ただし、山道の場合はどうでしょう。巡航用ギア(4、5速)でキツイ坂を登るとエンジンがガタガタと異音を出してしまいます。この音はエンジンが悲鳴をあげている声なんです。自転車で一番重いギアで坂道を登れますか?重いギアで素晴らしい加速が出来ますか?無理でしょ?車だってそうなんです!車をもっと愛してあげてください。お願いします。

適切なギアで走る事は始めの頃はなかなか難しいものです。私もギクシャクしましたし、車が変わってその車のギアを理解できるまではギクシャクしたりします。一番手っ取り早くつかむ方法はそれぞれのギアで、エンジンの音を耳で聞いて体で加速感を感じて速度と照らし合わせることではないでしょうか。まずは、エンジンの声を聞くことが大切だと思います。
但し、マフラーの爆音ではないです。

エンジンは生き物?

とにかくエンジンも生き物だと感じて運転してください。っていうかホントに人間の心臓と例えても良いんじゃないでしょうか。だって人間もビックリしたり急いだりするとドキドキするでしょ?エンジンも同じなんだよって。
とにかく急加速する運転はしない事。これがエンジン長持ちの為の心構えでしょ。

 

 

エンジンの声
はじめに
負荷
エンジンは生き物

快適な運転
同乗者の為に
エアコン
オーディオ
 

安全運転テクニック

一般道路
高速道路走行
レーンチェンジ
高速道路で大迷惑
天候


クルマ長持ち元気の秘訣
エンジンに優しい運転
最低限の安全 点検
簡単な 洗車
オイルの違い
タイヤの違い



ドライブを楽しくするカー用品
はじめに・・・
室内編
車外編