ホイールについて

YT-X14を改造するにあたってリアハブ不調でリアハブの交換が必要だったのですが、諸々の理由もあり面倒なので新ホイールを組みました。

最近流行りの完組ホイールにしようかとも思ったのですが、性能価格比に納得できない&メンテができない?のでショップに在庫してる手組みホイール購入を検討しました。が一切手組みホイールの在庫もないと言うので怒って?結局自分で手組み しました。

以前から使っていたホイールはMAVIC GP4(重いけど丈夫なチューブラ用リム)+DURAハブだったのですがチューブラは流行っていないようです。確かにチューブラはタイヤのセンター出しなど技術が必要ですし、定期的にタイヤを貼りなおさないといけないので、そういう煩わしさが原因なのかもしれません。

ちなみにアメリカでは700Cの方が圧倒的に普及しているようでチューブラータイヤが新車についている事は無いそうです。全く知らない初心者がノーメンテで乗ってタイヤが外れる危険性などがあるからだそうです。

と言うわけで!?今回の復活を記念して久しぶりに700Cホイールにする事にしました。

左が組上げる前のリム/スポーク/ハブ単品の状態です。

・リムはMAVIC社のMA3
・スポークはDT社のスレンレス製
・ハブは前後共にSHIMANO社のDURA-ACEです。

ちなみに現在のハブは9速に対応していますが、
一昔前の物だと7速だけとか、8or9速対応など製品の互換もありますので、注意が必要です。

互換が合わないお陰でハブごと交換して新ホイールを組んだ訳ですが・・・^^;

左がハブとスポークの拡大写真です。

スポークが右側/左側と分けてありますが、理由があります。

それはハブにギアスプロケットが付く関係で、リムをハブのセンター上に持ってくる為に、左側/右側でスポークの長さが異なるのです。

フロントのスポークはハブに対してセンターにリムが付くので左右均一な長さになります。


安価に済ませる予定がDURAハブを使ったお陰で完組み並の金額になってしまいましたが、性能は比較にならないはずなので、納得するように自分に言い聞かせています。爆

数年ぶりにホイールを組んだので、ちょっと大変でしたが、数時間で完成したので良しとしましょう。^^;

ちなみに某スポーツ系ショップで「最近は手組みを買う人は居ないし、完組みをお勧めします」と言われてしまいました。

手組みの方がメンテもしやすいと思うのですが、完組ホイールばかりというのは寂しいものです。